国府達矢
1999年 “MANGAHEAD”としてデビュー。
2001年 “国府達矢”としてライヴ活動を開始。
2003年、アルバム「ロック転生」をリリース。
さまざまな分野のアーティストに衝撃を与えたこのアルバムを契機とし、シンガーソングライター七尾旅人は、国府達矢に3枚組アルバム「911fantasia」を捧げた。
2007年以降、Salyuへ楽曲提供をはじめ、
“salyu×salyu”「s(o)un(d)beams」に作詞で参加。

2018年、長年の沈黙を破り15年ぶりのオリジナルアルバム「ロックブッダ」をリリース。

日本におけるオルタナティブ・ミュージックの一つの到達点と評されるこのアルバムは、
ヨーロッパ拠点で世界のインディーミュージックを網羅する海外のサイト“beehype”のJAPAN ベストアルバムにて1位に選ばれるなど、国内外の2018年ベストアルバムに数々取り上げられた。
2019年「スラップスティックメロディ」「音の門」という二枚のアルバムを同時リリース。