2019/12/16

 
本人何の実感もなく今日に居る
 
忘年会だなんだとかを
ちらほらと耳にし始めると
少し不思議な人間の力の働きによって
仕方もなく
もう年末かという
暮れの気持ちが何瞬か胸によぎり始める
(感染に近い)
 
そしてそういったタイミングのたびに
自分にとっての正直な時間というものも
鑑みることになる
 
正しいとか
そういった類の意味合いではない 
ただ自分に素直な時間感覚の話
 
社会に流れる時間とのズレ
 
年を重ねると
過ぎて行く時間は
滑り台を滑るように加速して行く
 
このままでは
社会と自分の時間のズレは
どんどん開いていくままに
一生を終えることになる
 
そうならずに
一致回復を試みる方法はあるのだろうか
 
もっと社会的な人間になるとか?
 
実際は殆どの人が
その残酷な加速を余儀なく受け入れ
慣れて行くだけなのかも知れない 
 
一致してる人がいたら話をしてみたい
 
 

Log TOP >