2019/11/24

 

もうリリパやん…


2019/09/23

 
そうとう弱っていたせいだろう
 
ふと “心中” について思いを馳せた
 
何処ぞの小説家の気持ちが
少し分かってしまったような気がして
尚のこと やるせない
 
どこまでいっても 
“甘え”を振り切れない者に残された 
最後のロマンス
最果てのナルシズム
 
だれかぼくと…….やめぃ..
 

2019/10/19

 

昨年も出演させていただいた

CINRA主催のイベントNEWTOWNにて

バンドで演奏

 

サウンドチェック時に

自分の演奏しやすい音の環境を整える

所謂サウンドチェックというものを

今日初めて真っ当出来た

 

会場が体育館だったこともあり

演奏しやすい環境は

期待出来ないと思っていたが

とても演奏しやすかった

(PAさんの腕もあったと思う)

少しづつだがスキルの上げ方が

やっと分かって来た気が…

もっと楽しくライヴが出来るようになりたい

 

今は新幹線で移動中

福井県に向かっている

初めて行く

 

日本地図が未だに頭に入っていないぼくは

当然のように何処に福井県があるのかを

知らなかったし今回やっと知れた

 

明日は弾き語りで演奏する


2019/09/24

 
入れた覚えのない炭酸水が
コップに入っている
 
冷え具合や泡立ちの具合から鑑みて
数秒前の記憶が完全に飛んでいる事になる
 
いよいよマズイ
 
こんな事は初めてだ
 
明日は二枚のアルバムのリリース日だ
 
 

2019/05/22

 
スラップスティックメロディ
音の門
マスタリング
 
音の劣化等を避けられないが
個々の音のキャラクターが明確で
音の色の数が多いと感じられる方を
選んで作業をした
 
音が新鮮で聴きやすくなったとしても
MIX時の思惑が半減してしまっては
音楽としての意味が
変わり過ぎてしまうからだ
 
これは単なる執着なのか
それとも信念なのか
最後の最後まで迷った
 
MIX時の作業環境(機材)の問題が残る
 
通常ではMIXアップファイルに
選択肢はないし
ある必要がない
 

2019/08/23

 

台北の街を歩いていてはじめに思ったことは

本屋が多いなということだった

 

バンコクで稀に見かけた古本屋は

まるで魔法の店のように

古めかしく

密かで

どこか華やかな

不思議を纏っていた

 


2019/09/12

 

旅は死だ

とても

甘い死だ

ならばあなたの旅になりたい

 


2019/01/29

 
 
甘かった
スタジオで録った
生ドラムだけがどうしても浮く
 
打ちこみのドラムを骨格に
肉付けしていったオケや歌が馴染まない
こんな当たり前のことが分からなかった
 
今更退却も出来ないし
ドラム以外のオケを
スタジオで録り直す資金も時間もない
 
思ったクオリティーには届かないが
善処するしかない
 
どういう策で??
 
 
スラップスティックメロディは元々
完全宅録作品として
リハビリのように作り始めたもの
 
音質的なクオリティーや
綿密なテクスチャーを
求める気はなかったが
少し無念
 
でも伝えたいものはあくまで情感
そういった意味では
しっかり役目は果たしてくれる
はず…
 

2019/09/04

 

旅行から帰ってきて

音楽への知覚の解像度が

かなり上がっている事に驚く

解釈の幅も拡がっている

 

やっと人並みに(音楽好きの人のように)

音楽が聴こえるようになったのではないか?

と思ってしまう

 

こんな風にみんな音楽を愛していたんだ..

とも驚いてしまう

 

なんでみんなそんなに沢山

音楽が聴けるんだろう

なんでみんなそんなに沢山

音楽がすきなんだろう

 

不思議で仕方なかった

 

ぼくが好きになれる音楽は

とても少なかった

 

それくらい

ぼくは偏った音楽の聴き方をして来た

 

何かやっと入り口に立てた感じがする

 

音楽は

表現は

芸術は

このように何度でも新しく

無限に

気付きを与えてくれたり

感情を揺さぶってくれるものなのかと

今までのように

やはり何度でも思ってしまう

きっとこれからも

そうなんだろう

 

音楽をしていてよかったと

切実に思う

すごいことをしているんだ

 

もっと自分に自信を持ちたい

 

 


2019/09/02

 

今日の自分にはちゃんと

 

おつかれさま

 

と言える

 

このような毎日が続いたら

きっと それは幸福と呼べるもの