2019/08/24

 
いま台湾にいる
 
台湾
というと父親を思い出す
 
見事に家庭を崩壊させた
ギャンブル依存症の父親
 
父親のことはよく知らない
外面のようなものしか
知らない
 
小学校のPTAの会長をしながら
裏では
いつも競馬のノミ行為をしていた
そんな父親だ
 
あまりちゃんと話したこともない
とてもミステリアスな存在
知りたいとも思えない
 
振り返る限りでは
自分の欲望を抑制出来ない
子供のような人なのだとは思う
 
そんな子供のような人の
子供のぼくは
大人になる方法を本当に知らないし
自分の操縦が驚くほど下手だ
 
複合的な要因が重なりに重なり
現に単なる子供のまま生きている
 
こうして生きていることも
奇跡の連続の上にあるのかも知れない
ある種運がいいとも言える
 
 
両親が離婚をした後
父親は台湾人女性と結婚し
翔という名の子供をもうけている
翔が生きていれば20代後半くらいか
 
血のつながりのある
半弟
 
普通にいけば
一生会うこともないだろう
 
とても不思議なことだ
とても奇妙なことだ
 
 
アルバム『音の門』の一曲目の
「日捨て」という曲は
『ロックブッダ』のミックス作業の
長期化でノイローゼになっていった時に
生まれた曲だ
 
それまでの自分のレパートリーとは
対極にあったし
混ざりようもない
どう扱っていいかも分からない
 
望んで生まれたというよりは
吐き捨てるように
生まれ出て来てしまった曲
 
地肉を与えるために
大阪の西成も歩いた
 
 
再婚した台湾の女性にも
数年で捨てられ
全てを失い
何の希望もなく
ただ日を捨てるように生きている
父親のことも想って仕上げた
 
したくないシンクロをしてしまった
 
 
翔はどうしているのだろう
 

2019/05/02

 
 
2018年の秋に
リリース予定であったアルバムが
結果的に一年も後ろ倒しになった
 
傷をえぐり返し続けるような拷問
気がおかしくなりそうだ
 
リリース前に一度
長旅にでも出て
脳のスキームに
変化を与えないと
死ぬ
もたない
ヤバい
 

2012/06/09

 
自らを止められず
言葉だけで人を殺しかけた
 
恐怖
 
ハンニバル・レクターが過ぎった
知らなくていい親近感を
知ってしまった
 

2018/09/08

 
 
ずっと少しだけ引っ掛っていた
スラップスティックメロディの
打ちこみドラムの音を
生のドラムに差し替えることにしようか
 
かなり無理のある
荒業になると思うが
そもそも全曲だし…
 
そうすればリリースが延びたことに
前向きな価値を沿えられるのではないか?
 

2019/08/10

 

夜の海に初めて入った

 

夜のパタヤのビーチは
街の灯りに照らされて
ずっと明るい
(つまり怖くない)

 

しばらくして

ふと気付き

 

海と踊った

 

波の音を聴き
波に揺れながら

 


2019/08/08

 

スラップスティックメロディ
 
音の門
 
2枚のアルバムのリリース情報が
ようやく解禁された
 
ずっと口をつむっていたことを 
やっと
正直に話せたような感じ
 
リリースすることで始まる代謝を思うと
かなり気が楽になった
 
 
 
昨晩
“夜のビーチで一人”
という時間を初めて過ごした
 
夜の海は まず恐い
 
想像を絶するふくよかな黒い膜
絶えず完璧な白波の音
夜と本能の関係
 
ぼくは恐怖と和解するところから
始めないといけないことが多くて
いつも困る
 
でも 
その先で混ざり会えた実りは
とても大きかった
とても特別な体験だった
 
自然と作詞をした
次のアルバムの歌詞が何曲か出来た
早く聴いてもらいたいな